明治記念大磯邸園

先日、明治150年を記念して12月24日まで公開されている「明治記念大磯邸園」に行って来ました。

神奈川県の大磯町には計8名の歴代総理大臣の邸宅や別荘があります。ある意味、日本の政治を動かした地でもあります。

このうち、初代総理大臣伊藤博文の邸宅跡と、早稲田大学の創立者でもある大隈重信、欧米列強に結ばされた不平等条約の撤廃に尽力した陸奥宗光の別荘跡は並んで建っており、今回はこの3邸跡が「明治記念大磯邸園」として期間限定公開されています。

ボランティアのガイドさんに1時間半かけてこれらの邸宅跡を案内していただくツアーに参加しました。伊藤、大隈、陸奥の足跡や家族とのエピソード、建物の歴史的な価値を学べるもりだくさんなツアーでした。

ツアーは最終日まですでに満席だそうですが、邸園は期間内は自由見学できるそうです。

伊藤は病弱だった夫人の健康を考えてこの地に移り住み、夫人は伊藤が暗殺された後もしばらくこの地で過ごしたこと、夫人に頭の上がらなかった大隈が夫人を「うちの番頭」と人に紹介していたこと、社交界の花と言われた絶世の美女だった陸奥の夫人のこと等、明治の英傑達の夫人とのエピソードを聞き、婚活中の男女も楽しめるのではないかと思いました。

いずれは恒久的に公開していく方針だそうですが、痛みの激しい旧伊藤邸の修復等もあり、再公開はしばらく先になるようです。大磯にはこの他にも戦後の日本の復興を率いた吉田茂の別荘跡等もあり、歴史探訪するにはとても良い場所です。邸園の公開中に、デートがてら散策するのはいかがでしょうか?

Ooiso1.png
Ooiso2.png
Ooiso3.png


都庁のカフェ

加盟している日本結婚相談所連盟の新システムの講習会に参加するために、連盟事務局がある新宿のIBJ本社を訪れました。
新システムはなかなかの出来で、婚活サポートにかなり有効であるのがわかりました。

講習会後のアポまで少し時間が空いたので、久しぶりに東京都庁に立ち寄りました。

高層階の展望ロビーを有料とするところが多い中、役所ならではの無料サービスだけあって、昼下がりの午後にもかかわらず、外国人中心に多くの観光客がおりました。
喉が渇いたので展望ロビーにあるカフェに入りましたが、ケーキセットにドリンクバーが付いて1,200円と、展望ロビーの利用料まで考えると割安と思える値段でした。
お席の予約はもう少し高いアフタヌーンティセット(2,800円)以上をオーダーしないとできないようでお見合いには少し敷居が高いですが、交際に進展してからのデートにはお勧めのスポットだと感じました。
それほど混雑もしておらず、穴場スポットかもしれません。

今後もこうした場所を探して、情報発信していきたいと思います。
Tokyo Metoropolitan Office1.png
Tokyo Metoropolitan Office3.png

花は咲く

すっかり春めいて、街中で満開の桜が目を楽しませてくれています。今週末までと聞くと、例年よりも早いこととともに、桜のはかなさも感じます。毎年のことではありますが、ついついきれいな桜を見るとスマホのカメラを向けてしまいます。昨日も自宅近所の夜桜のライトアップがあまりにもきれいで、パチリしてしまいました。

さて、桜の季節になるとメロディが浮かんでくるのが、NHKの東北大震災復興支援ソング「花は咲く」です。空前絶後の災害から7年、被災地の復興が進んでいるように聞きますが、被災者の方々の心の復興はまだまだとのニュースも目にしました。苦しい冬もいずれ明け、春になって「花が咲く」のが世の常です。被災者の方々の心に一日も早く満開の花が咲いてくれるのを祈るのみです。

婚活の花を咲かせるかは、婚活している本人次第です。満開の桜に想いを寄せつつ、しっかり日々の婚活に勤しんで行きましょう。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

cherryblossom20180327_2.png

働く女性の消費意欲

1年ほど前に、家内のたっての願いがあって、生活家電メーカー「バリュミューダ」のトースターを買いました。男的な感覚では一台2万円を超えるトースターってどう?との思いもありましたが、実際使ってみて他のトースターとの違いを痛感しています。ご飯党の私でも、このトースターで焼いたトーストなら毎朝食べられると感じています。

一昨日14日の日経新聞を読んでいて、その「バリュミューダ」の文字に目が留まり、その記事を読んでみました。一面のコラム「消費変貌」です。曰く、働く女性の消費意欲が旺盛であるとのこと。特に独身女性にその傾向が顕著であるようで、単身勤労者の可処分所得のうち消費に回した割合を示す「平均消費性向」は、2014年のデータで男性の65.8%に対し、女性は88.8%に達するそうです。その記事でも百貨店の店頭で、「バリュミューダ」のトーストを試食した30歳の独身女性が購入を即決したと書かれていました。

結婚後も働く女性が増えたこともあり、女性が消費を底上げする展開が続いているようです。男性は一家を支えるなど将来に向けた責任感が強く、消費に対して抑制的な部分があるようですが、女性は収入が増えればとどめておかずに消費に回す傾向があるとの専門家の見方も紹介されていました。働く女性の消費意欲が日本の景気を支えている側面があるということでしょう。同時に男性のパワーが相対的に低下してきているようにも感じ、少し寂しくも感じました。

仲人をしている者として、こうした女性の逞しい消費意欲に敬意を表したいと思いますが、同時に独身の女性が「おひとり様が気楽で良い」と感じはしないかも正直気になりました。頼りない男性が増えたとの女性からの指摘もたまに耳にしますが、男性皆がそういう訳ではありません。やはり、「良いご縁」は常に女性も男性も探していただきたいと思います。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

心に余裕を持つということ

ここしばらく相談所と並行して行っている事業で忙しく、ブログの更新が遅れ気味でした。今年は週2~3の記事はアップしたいと思っていたのに、予想外の展開です。

片付けなければいけないことの締め切りが近いタイミングにいくつも固まっており、それらが相互に関連していないので、それぞれに一から対応する必要があり、自分の処理能力を超えそうと感じた局面もありました。パニックにならないように、やるべきことを紙に書き出し、優先順位を付けて一つ一つこなすという地道な作業を続けています。この状況が当面続きますが、こうしてやっていくしかないと思っています。

心に余裕を持っておくことが大事だと思いました。そのためにもやるべきことはできるときになるべくやってしまうことだとも身に染みて感じました。少し疲れているなと感じると、今日できることを明日に延ばすようなことをしがちでしたが、肝心の明日になって他の予想外のことが起こってしまうという展開が何度もありました。自分のこうしたメンタリティを反省させられる機会になったと思います。

婚活も然りだと思います。今できることを先送りするのではなく、積極的に今こなしてしまいましょう。そうすることで心の余裕ができるのです。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

祝、羽生、宇野選手のワンツーフィニッシュ! メンタルの大切さ

平昌冬季オリンピックの男子フィギュアスケートで、羽生結弦選手が66年ぶりのオリンピック連覇を達成し、銀メダルに宇野昌磨選手が輝きました。日本選手のワンツーフィニッシュ、今日はこの話題で大盛り上がりでしょう。

羽生選手は昨年11月のNHK杯の公開練習中に負傷し、2か月間スケートができない状況でした。右足の靭帯に深刻な傷を負い、一時は今回のオリンピックに間に合わないのではないかとも言われていました。スケートができない間のプレッシャーたるや、常人の想像を絶するものだったのではないでしょうか。練習できるようになって1か月ほどでしたが、金メダルを取るまでに短期間で復調させるとは、さすが前回大会の王者です。

一方の宇野選手ですが、今回のフリーに臨む際に金に手が届くかもしれないとの思いから、かなり気負ってスタートしたそうです。ところがスタート早々のジャンプに失敗、気負い過ぎていた自分を笑ってしまったと、試合後にコメントしていました。通常の精神状態では冒頭の失敗で気落ちしてしまうことの方が多いと思いますが、それを笑い飛ばして気を取り直して攻め続けたのが、銀に結び付いたのだと思います。

二人に共通しているのは、逆境にめげないタフなメンタルだと思います。同じ日本人として誇りに思うと共に、私達よりもずっと若い世代の二人の成し遂げたことに学びたいと思うところ大でした。実は今日のフリーの演技だけの成績では、優勝候補の一角とも言われていたアメリカのネイサン・チェン選手が羽生選手を9点ほど上回る好成績だったそうです。ただチェン選手は昨日のショートの演技で大きな失敗を喫し、総合点でメダルに届かなかったとのこと。結果を分けたのは、昨日のショートで自分の演技をし切れなかったチェン選手のメンタルにあったのかもしれません。

何をなすにもメンタルを鍛えることは大事だと強く感じました。嫌なことが続くとすぐに落ち込む自分にとって大いに反省材料となりました。婚活も色々と精神的なプレッシャーを感じることがあるでしょうが、羽生選手、宇野選手に見習って、強い気持ちを持って臨みましょう。特に男性はそうあって欲しいです。精神的に強い男性は、女性から見ても頼りがいのある人と思われると思います。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

やるべきことを淡々とやりましょう

今般の北陸地方の豪雪の被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

本ブログの新年早々の記事に、そのころ堅調だった世界の株式市場に触れ、流れがあるときには乗りましょうという趣旨の投稿をしましたが、今週に入って株式相場は世界的に急落しました。米国の雇用統計で労働需給の逼迫を示す数字が出て、インフレ懸念から金利が急上昇するとの見方が広がったためとの解説があります。その当否は別としても、世界的に金融市場でのリスク認識が甘かったということかもしれません。仮想通貨もバブルが崩壊したとの見方が出て来ており、金融機関OBの一人として、今年の金融市場は波乱含みの展開になるかもしれないとも思い始めています。

今後の相場の流れがどうなるかはわかりません。そろそろ底打ちするかもしれませんし、更なる下値を探りに行くのかもしれません。相場格言に「もうはまだなり。まだはもうなり。」というものがありますが、将来振り返ったときにしか、「もう」だったのか「まだ」だったのかはわからないということです。

さて、こういうときに私たちが考えるべきことは、やるべきことを淡々としていくということではないでしょうか? 先日の記事は、流れがあるときにはそれに乗って、積極的に婚活をしましょうと皆様を鼓舞するつもりで書きましたが、流れが変わったとしてもやるべきことは変わりません。淡々と婚活に邁進することです。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

レトルトカレーの売上増加から見える個食化の進展

明日人類が滅亡するとしたら最後に何を食べたいですか?と聞かれたら、私は迷わずカレーライスと言うと思います。私はそれほどのカレー好きです。幼い頃、夕方遅くまで外で遊んで、自宅近くに戻ってきたときに家から香ってくるカレーの匂いを嗅いだだけで、幸せな気分になったものでした。苦手なおかずが夕食に出ると知っていた日は、近所からカレーの香りがしてくるだけで、今日だけそのお宅の子供になりたいと思ったものです。

そのカレーの市場で異変が起こっているようです。市場調査会社「インテージ」の調査によれば、2017年のレトルトカレーの購入額が461億円に達し、カレールーの購入額456億円を初めて上回ったとのことです。カレーというと大きな鍋で作って、家族皆で食卓を囲むのが似合う食品だと思っていましたが、昨今の高齢世帯や共働き世帯の増加を背景に、家族の構成員それぞれによる個食化が進展していることが、レトルトの需要を盛り上げているとのことでした。

レトルトというとかつては災害時の非常食や保存食のようなイメージがありましたが、最近では味も質も上がり、バリエーションも増え、ルーから手作りしたものとも遜色がなくなってきています。かく言う私も好物のひとつのレトルトのタイカレーを常備し、一人で食事をするときに温めて食べることも多いです。家族がタイカレーを苦手としているので、家族で食べられないという理由もありますが、そのタイカレーを食べる度に、タイ料理のレストランに負けない味だと感じています。

こうしてレトルトの需要が高まるのは時代の流れとも言えるのかもしれませんが、一抹の寂しさも覚えます。食卓は家族や友人で囲んでこそ楽しいものだと思いますが、レトルトカレーの売上増が示す個食化の進展は、こうした機会が減ってきていることの裏返しだと思うからです。やはり大鍋で作ったカレーを、家族や仲間らと囲む文化は捨てがたいものです。カレールーの復権を期待したい思いです。

家族で食卓を囲むための最初のステップは、よりよいパートナーに巡り会って幸せな結婚をすることだと思います。そのためにも婚活はしっかり進めて行きましょう。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

人手不足で倒産が増加?

今朝のNHKニュースで、人手不足が理由で倒産する会社が増えていると報じられていました。就業者数は女性やシニア層の社会進出が進み、絶対数では人口減少に逆らって増えていることは以前にこのブログでも紹介しましたが、

http://www.lierre-mca.jp/blogs/2017/12/31/

こうした中でも人手不足で事業が継続できない会社が現れ始めているのは少々衝撃的でした。

放送後にネットで「人手不足倒産」で検索を掛け、昨年くらいから多くの記事が出ているのを知りました。運輸や飲食、小売りといった業態に多い傾向があるようです。NHKで紹介された元の運送業者のケースでは、売上が順調に増えてトラックを新調したまでは良かったのですが、辞めたドライバーの後任が採用できず、廃業せざるを得なかったとのこと。宅配業の大手が、配送料上げの要請に応じなかった大手通販業者との契約を解除したニュースも聞きましたが、人手不足の解消のためには賃上げで報いるしかない状況で、人力に頼らざるを得ない事業ほど、状況は厳しいということのようです。

人手不足は、日本の人口が長期的に減少傾向にあることと切っても切れない関係にあると思います。婚姻数を増やすことが人口減に歯止めを掛ける方策のひとつと考えられる以上、婚活を促進していくことは大事だと、今更ながらに感じました。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

育児支援強化は育児時間減少の裏返し?

「厚労省が病児や学童の受け皿拡大に動き出す」、今朝の日経新聞一面トップに報じられました。保育所では急な発熱などへの対応を広げ、現在の2.5倍の年150万人まで受け入れるようにし、小学校では放課後に児童を預かる学童保育の定員を増やすとのことです。親が仕事から急に帰宅したり休んだりする事態を防ぐことで、共働きや一人親世帯の仕事と子育ての両立を支援していくとのことです。育児世帯にとっては朗報ではないでしょうか?

ただ、記事を読みながら、少し考えさせられることもありました。人類は家計を支えながら育児を並行していくことで成長してきたはずですが、育児に割ける時間が減少してきたため、こうした支援策が必要になってきたのではないかということです。昨年の大晦日の当ブログに、生産年齢人口が急ピッチで減少している中で、女性やシニア層の就業によって就業者数はむしろ増え続けていることを書きました。伝統的に育児を担当していた女性たちが収入を得るために外に働きに出るようになり、結果として育児に割ける時間がなくなってきたのではないかと感じたのです。

http://www.lierre-mca.jp/blogs/2017/12/31/

女性が育児を担当すべきだとか、家に居るべきだと言うつもりは毛頭ありません。男性が主夫として家事と子育てをし、女性が家計を支えるのも十分ありだと思います。ただ、育児時間を割いてでも共働きする家庭が増えてきたことの背景に、何があるのかの分析も大事ではないかと思います。

人口減少が生産年齢人口の減少につながり、働き手の絶対数を維持するために共働きが広がったのかもしれませんし、あるいはバブル崩壊後の景気の長期低迷で生活が苦しくなり、家計を維持するためにどうしても共働きという選択肢を選ばざるを得なかったのかもしれません。その両方の可能性もあります。いずれにせよ、「人口減少」や「景気低迷」という縮小均衡的な傾向が人々のセンチメントに働きかけ、社会や生活の防衛のために、社会の発展に欠かせない「育児」が犠牲になったのではないかと感じました。

これらの解決策は、縮小均衡的な傾向からの脱却だと思います。賃上げが議論され景気が底打ちする兆しが見え始めているので、次は人口減少の歯止めが肝心かと思います。何度かこのブログに書きましたが、人口減少に歯止めを掛けるためには、高齢化が進んだ日本社会では死亡者数は高止まりしてしまうため、出生数を増やさなければいけないと思います。

http://www.lierre-mca.jp/blogs/2017/12/23/

人口の自然増減率と婚姻率の強い相関関係の分析結果から、出生数を増やすためには、婚姻数を増やすのも一つの策だと思います。そういう意味でも婚活は大事な活動だと思います。自信と誇りを持って婚活に臨みましょう。

本日もお読みいただいてありがとうございました。