働く人の数が2018年に過去最高になる?

今朝の日経新聞の一面に「人口減でも増える労働力」という囲み記事がありました。15~64歳の「生産年齢人口」は現在約7,600万人で、先進国の中でも突出した速さで減少しているそうですが、就業者数は逆に増え続けているとのことです。就業者数は2017年は11月までの平均で6,528万人ですが、来年も過去5年並みの伸び率を示せば、統計が残る期間で最高だった1997年の6,557万人を超える可能性が高いそうです。

背景には女性やシニア層の就業率の高まりがあるそうです。15~64歳の女性で働いている人の割合は68.2%と過去最高水準にあり、65歳以上の働くシニアの割合も1998年以来の高さだとのことです。人口減少による労働力の低下傾向を、これまで家庭に入ったり、リタイアして労働市場から退出していた方々の進出でカバーしているというのが現状ということでしょう。株価がバブル崩壊後の高値を更新するなど景気は悪くないとの意見もありますが、一向に増えない夫の賃金のカバーで主婦が、少子高齢化による年金への不安でシニアが労働市場に出て来ているということかも知れません。

エコノミストやアナリストといった専門家は、こうした女性やシニアによる就業者数嵩上げもいずれピークアウトし、人口減少による影響から2020年代には就業者数は減少に転じるとの見方をしているようです。AIや機械による労働の代替が進むことで必要な労働者数も減っていくので問題ないとの意見もありますが、人口減少は社会の活力を削ぎ、人々の意欲を萎えさせる要因にもなると思います。

このブログにも何度か書きましたが、日本の人口増減率と婚姻率の間にはある程度の強い相関関係が推測されます。婚姻率を高めることで人口増減率の下落傾向に歯止めが掛かれば、人口の減少傾向も緩和されると考えます。そのためにも婚活の促進は大事だとの思いを新たにしました。来年もしっかり皆様のサポートに邁進したいと感じさせてくれた記事でした。

来年もこうした話題も含めて、本ブログでいろいろな情報を発信していきたいと思っています。来年も本ブログをよろしくお願い申し上げます。

皆様が良いお年をお迎えになることを祈念しております。

年内の通常営業終了のお知らせ

ホームページの「お知らせ」にも記載しましたが、本日午後8時で当サロンの本年の通常営業を終了させていただきました。本年中のご愛顧に厚く御礼申し上げます。

新春は1月5日まで休業させていただき、1月6日(土)から通常営業とさせていただきます。年末年始の休業期間中も、お急ぎのご相談やお問合せがあれば対応いたします。遠慮なくご連絡ください。ただ、回答させていただくまで少々時間をいただく可能性がある点はご承知おきください。

本ブログの記事は、通常営業外でも逐次アップいたします。ぜひお読みください。

平成30年に向けて

忙しさにかまけて準備が遅れていた年賀状書きに追われながら、ふと来年が平成30年になるんだなと感じています。思えば、大学を卒業して社会人になったのが昭和63年の春でした。昭和64年の正月には、社会人二年生を間近に控え、しっかりと仕事で実績をあげたいとの思いを強くしたのを覚えています。年が明けて間もなく昭和天皇が崩御されて平成がスタートしましたが、「平成」という時代は自分にとって、親の庇護から離れて自分自身の力で社会に踏み出した歴史が刻まれているのです。平成31年4月30日に今上天皇が退位され、翌5月1日には皇太子殿下が即位され、平成は幕を引くことになりますが、私にとってはとても思い入れのある時代です。

こうして平成30年を迎えるにあたって、今年達成できなかったこと、不十分だったことを反省し、来年どうしていくべきか、年末年始にしっかり考えたいと思います。今年は私共のサロンが実質的にスタートしましたが、色々な点で至らなかったことが思い起こされます。また、夏に愛犬を事故で失うという耐え難いショックも経験しました。暮れに新しい愛犬を迎え、来年こそプライベートでも、仕事の面でも充実の一年にしたいと考えています。

今年の年末年始はカレンダーの関係で皆さんのお休みも短めかと思いますが、じっくり来年への婚活のプランを練りましょう。平成もあと1年とちょっと、皆さんにとっての「平成」はそれぞれでしょうが、その時代の最後を実りのあるものにしましょう。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

我が家に最高のクリスマスプレゼントが来ました:「失う」ということ(3)

メリークリスマス! ご成婚されたり真剣交際に進まれたカップルの皆様は、ロマンティックなクリスマスをお過ごしかと思います。婚活が今一つ順調でなかった方は、来年こそ素敵な方とクリスマスを過ごせるようしっかり頑張りましょう。

さて、我が家に12月24日のクリスマスイブに、最高のクリスマスプレゼントがやってきました。夏に最愛のペットを事故で失って以来、「ペットロス」に苦しんできた我が家に新しいペットを迎えたのです。10月にこのブログに「失うということ」というシリーズを掲載しましたが、その中で「失ったことによる苦しみの処方箋として、新しいものを得ることがある」と記しました。まさにその実例となった訳です。

Lazuli20171224.png

愛犬を亡くしたのが飼い主たる私達の不注意であればこそ、「ペットロス」の喪失感は底なし沼のように思えました。もう立ち直れないのではないかとの不安も覚えていましたが、そうした中で出会ったブリーダーさんに居たお母さんが、亡くなった子に似ていたのです。そのお母さんの赤ちゃんを我が家でお迎えすることにしました。亡くした愛犬は戻りませんが、その子に施そうと思っていた愛情を代わりに施せる対象を得たことによって、家族全員に笑顔が戻りました。亡くした子への愛情や気持ちは今でも変わりませんが、新しく来てくれた子への気持ちも、ただ喪失感を埋めてくれる存在としてではなく、新しい愛情を注げる全く新しい存在になっています。亡くなった子にも、今回迎えた子にも感謝の気持ちで一杯です。

何らかの理由で喪失感にさいなまれているのであれば、「失ったものを埋めてくれる」ものを探すというのは有効な解決策になると思います。過去の「失」恋故に婚活に注力できないようなことがあるのであれば、その痛みや苦しみを「埋めてくれる」、新しい「恋愛」を探してみてはいかがでしょうか?

本日もお読みいただいてありがとうございました。

40万人超の自然減となった日本の人口、婚活は処方箋の一つです。

厚生労働省が22日に発表した2017年の人口動態統計の年間推計値によると、国内で生まれた日本人の赤ちゃんは94万1千人と昨年の97万7千人から2年連続で100万人割れとなりました。死亡数は戦後最多の134万4千人だそうです。出生数が死亡数を下回る状態は2007年から常態化していましたが、今年は初めて自然減数が40万人を超えました。日本の将来に暗い影を落とす事実の一つとして認識しておくべきでしょう。

半年ほど前に異業種交流会で結婚相談所のビジネスに関して他業種の方々にプレゼンする機会を持ちましたが、その際に人口の自然増減率と婚姻率の関係を分析しました。「自然増減率」は人口の自然増減数(出生数ー死亡数)を人口で割って1000倍した統計値で、「人口1000人当たりの人口の増減数」といえます。一方「婚姻率」は年間婚姻届出件数を人口で割って1000倍した統計値で、「人口1000人当たりの婚姻カップル数」といえます。以下にグラフを表示しますが、両者の間には相当程度の強い相関関係が推測できます。人口増減率は1973年以降毎年下がり続けていますが、このきっかけとなったのは1971年にピークを付けた婚姻率とも言えそうです。

marriage_and_birth2017.png

結婚したカップル全てがお子さんを設ける訳ではありませんが、日本の人口減少の処方箋の一つとして、婚姻数を増やすことがあげられるということです。婚姻数の増加に婚活促進が貢献できるのは間違いないことだと思います。私達仲人は、こうした思いで日夜皆さんの婚活のお手伝いをしています。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

多彩な趣味を持つ

仲人として会員の方にお相手を紹介する際に、お相手候補のプロフィールを詳しくチェックします。その際に、その方がお相手に求めていることが自社会員に当てはまっているかと共に、必ずチェックするのがその方の趣味です。

共通の趣味がある方がお見合いの際のお話も盛り上がるでしょうし、交際に進展してからも共通の趣味を通じて、お二人の距離が縮まると考えるからです。たとえば、食べ歩きを趣味としている会員であれば、お相手候補にグルメ志向があるか、あるいは「食」に興味を持たれているかを見ます。またスポーツ好きの会員であれば、一緒にスポーツできるとより良いでしょうから、体を動かす趣味をお持ちの方を探します。

実際に会員の話を聞いてみても、お相手検索の際にはその方の趣味も重要な判断材料だという方が多いです。ということは、多趣味の方ほどお見合いのチャンスも広がるのではないかということです。

婚活中も何か気になっていること、やってみたいことがあれば、積極的に試してみることをお勧めします。趣味の域に達していなくても、「最近こんなことに興味があって試し始めました。」とプロフィールに書くだけでも、お相手候補との出会いのチャンスが広がると思います。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

第九のコンサートに行ってきました

昨日、横浜のみなとみらいホールで行われた神奈川フィルハーモニー管弦楽団のベートーベン「第九交響曲」のコンサートに行って来ました。

今回のコンサートは、今年乗り換えたクルマのディーラーが主催したもので、オーナー向けに抽選でチケットが配布されました。「第九」はこれまでにもいくつかのオーケストラの演奏を聞いてきましたが、今回は最前列の指揮者やオーケストラの息遣いが感じられるような席だったこともあり、これまで聞いた中でも一、二を争う迫力だったと思います。

威厳と拡張に満ちた第一楽章、速いテンポでティンパニーの響きが印象的な第二楽章に引き継がれ、美しい音色で癒しをくれる第三楽章を経て、この交響曲のメインパートとも言える第四楽章で、「歓喜の歌」とともにまさに絶頂の中でフィナーレを迎えます。途中、司会のフリーアナウンサー浅岡聡さんと指揮者の飯森範親さんが対談形式でこの交響曲の解説をしてくれましたが、聴き慣れた曲でありながら、新しい発見もあったコンサートでした。

これから暮れに向けて日本中でいろいろな楽団がこの交響曲の演奏をして行きますが、まさに日本の冬の風物詩です。冬のこの時期に、フィナーレの「歓喜に寄す」の日本語訳を読む度に、今年一年を振り返り、来年こそ今年以上の「歓喜」を迎えたいと思う自分が居ます。クラシックファンでない方でも、ぜひこの季節に、この名曲に触れていただければと思います。デートにもお勧めです。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

concert20171212_2.png

占いの効用

昨日、最近雑誌等で話題になっている出張占い師の大悟さんに来ていただいて、私と二人の子供たちの手相占いをしていただきました。大悟さんは日ごろからお世話になっている知人の紹介で、以前家内が占っていただきました。前向きなアドバイスが多く、何かと不安や悩み事を抱えている家族の道しるべになる意見をもらえるのではないかと、家内が企画しました。

私は個人的に占いはあまり信じないタイプでしたが、これまでの私の人生で起こったいくつかの大きなイベントの時期を当てられたこと、自分が弱点と思っていることをズバリ指摘されて驚かされました。これからの人生の波の時期や、それに向かっていくための心構えのアドバイスもいただきました。

大悟さんもおっしゃっていましたが、占い師の言うことを鵜呑みにすることはなく、自分のこれまでとこれからに対しての評価の一つとして、今後の自分自身の生き方に活かして行くことを考えればよいとのことでした。お話を聞いて清々しい気分になりました。娘も息子も納得させられるコメントがあったようで、それぞれに自分自身の道を切り拓いていくための参考になったのではないかと思います。

婚活に限らず、悩み事や不安を感じているようであれば、一度お話を聞いてみるのもありかもしれません。自分自身に優柔不断の気があると考えている方には、特に良い機会かもしれません。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

来年のことを言うと鬼が笑う?

最近めっきり寒くなり、着込まないと外に出るのも辛くなってきました。こうした中でも忘年会に出ていくのは楽しい限りです。久しぶりに会う友人、知人と今年を振り返り、来年に向けての英気を養うという意味では、「望年会」と呼んでも良いかと思うくらいです。

まだ12月も上旬なので、婚活に関して今年を総括するのは早過ぎるかもしれませんが、順調だった方もそうでない方も、それぞれこれからの方針を練り始めても良い時期かと思います。順調で交際に発展した方は、お相手との距離を縮め、真剣交際、成婚に至るためにできることを考えるで良いでしょうし、うまく行かなかった方は来年はお見合いや婚活パーティの参加回数を増やすでも構わないと思います。

「来年のことを言うと鬼が笑う。」と言いますが、笑わせておけば良いのです。来年に向けての方針を作るにあたり、私達仲人がお手伝いします。遠慮なくご相談ください。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

お見合い会場の確保

加盟している「IBJ日本結婚相談所連盟」のシステム研修会に、本日参加しました。システムの機能に関しての発見がいくつかあり、今後の相談所活動に活かしていきたいと思いました。

さて、研修に出掛けたついでと言ってはなんですが、12月中旬で調整している会員の方のお見合いの場所の確保のため、研修会場近隣のホテルのラウンジ中心に歩いてみました。当サロンでは、原則的にお見合い会場にはお見合いされるお二方のお名前で予約を入れることにしています。予約がない状態では初対面のお二人が出会えないリスクがありますし、たとえ出会えたとしても、席が空くまで待つようでは落ち着いてお話しもできないだろうと考えるからです。

師走12月ともなると、クリスマスや忘年会のようなイベントも多いようで、普段から使わせていただいている会場が貸し切りになっていたりということもあります。実際、今日は4軒ほど回ってようやく会場を確保できました。正直、冷や汗ものでした。

私達仲人は、会員の皆様が気持ちよく婚活できることを第一に考えて行動しています。お見合い会場の確保もその一環です。こうした「親心」のような思いで皆様を応援していることをご理解いただければ幸いです。

本日もお読みいただいてありがとうございました。