育児支援強化は育児時間減少の裏返し?

「厚労省が病児や学童の受け皿拡大に動き出す」、今朝の日経新聞一面トップに報じられました。保育所では急な発熱などへの対応を広げ、現在の2.5倍の年150万人まで受け入れるようにし、小学校では放課後に児童を預かる学童保育の定員を増やすとのことです。親が仕事から急に帰宅したり休んだりする事態を防ぐことで、共働きや一人親世帯の仕事と子育ての両立を支援していくとのことです。育児世帯にとっては朗報ではないでしょうか?

ただ、記事を読みながら、少し考えさせられることもありました。人類は家計を支えながら育児を並行していくことで成長してきたはずですが、育児に割ける時間が減少してきたため、こうした支援策が必要になってきたのではないかということです。昨年の大晦日の当ブログに、生産年齢人口が急ピッチで減少している中で、女性やシニア層の就業によって就業者数はむしろ増え続けていることを書きました。伝統的に育児を担当していた女性たちが収入を得るために外に働きに出るようになり、結果として育児に割ける時間がなくなってきたのではないかと感じたのです。

http://www.lierre-mca.jp/blogs/2017/12/31/

女性が育児を担当すべきだとか、家に居るべきだと言うつもりは毛頭ありません。男性が主夫として家事と子育てをし、女性が家計を支えるのも十分ありだと思います。ただ、育児時間を割いてでも共働きする家庭が増えてきたことの背景に、何があるのかの分析も大事ではないかと思います。

人口減少が生産年齢人口の減少につながり、働き手の絶対数を維持するために共働きが広がったのかもしれませんし、あるいはバブル崩壊後の景気の長期低迷で生活が苦しくなり、家計を維持するためにどうしても共働きという選択肢を選ばざるを得なかったのかもしれません。その両方の可能性もあります。いずれにせよ、「人口減少」や「景気低迷」という縮小均衡的な傾向が人々のセンチメントに働きかけ、社会や生活の防衛のために、社会の発展に欠かせない「育児」が犠牲になったのではないかと感じました。

これらの解決策は、縮小均衡的な傾向からの脱却だと思います。賃上げが議論され景気が底打ちする兆しが見え始めているので、次は人口減少の歯止めが肝心かと思います。何度かこのブログに書きましたが、人口減少に歯止めを掛けるためには、高齢化が進んだ日本社会では死亡者数は高止まりしてしまうため、出生数を増やさなければいけないと思います。

http://www.lierre-mca.jp/blogs/2017/12/23/

人口の自然増減率と婚姻率の強い相関関係の分析結果から、出生数を増やすためには、婚姻数を増やすのも一つの策だと思います。そういう意味でも婚活は大事な活動だと思います。自信と誇りを持って婚活に臨みましょう。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

賃上げ率上昇の背景

昨日の関東地方の4年ぶりの大雪が夕方の帰宅ラッシュを直撃したようで、大変な思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか? 一晩明けて快晴の一日でしたが、朝晩の気温が低い状態が続くようなので、しばらくは道路の凍結等に注意しないといけなさそうです。

さて、今朝の日経新聞一面に中小企業の賃上げ率が大企業を上回っている状況が続いているとの記事がありました。連合がまとめた2017年の春季労使交渉でのベースアップ率は大企業の0.47%に対し中小企業は0.56%と、2年続けて中小企業のベア率が大企業を上回ったとのことです。

背景には若い世代の人手不足感があるとのこと。総務省によると25~34歳の人口は1,337万人で、5年前よりも151万人減っているそうです。中小企業には大企業ほどの体力もネームバリューもありませんが、若手世代を確保したければ、それなりの無理をしないといけないということかもしれません。また、世代にかかわらずパートやアルバイトの人手不足も深刻で、厚労省の統計ではパートタイマーの賃金は2017年1~9月期で前年同期に比べて2.27%上昇しているそうです。人材の確保がここ数年厳しくなってきているという声も色々な方からお聞きしています。

AI(人工知能)等の技術の進歩で人間の労働力はいずれ機械に代替されていくとの意見もありますが、今すぐそういう時代が訪れる訳ではありません。こうした技術が実用化されるまで、人口減少時代に入った日本社会は人手不足に甘んじていないといけないのかと考えると、暗い気持ちになります。その度に、以前も書きましたが、婚姻率と人口増減率の強い相関関係が思い出されます。婚姻率を上げ、人口減少の流れを少しでも抑えることができれば、こうした話題もなくなっていくのではないかと思います。

婚姻率の上昇のために、私達仲人は頑張っていきたいと思います。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

頭を空っぽにする瞬間

今日は夕方から久しぶりにプールに行って泳いで来ました。

暮れから新年にかけて、相談所と並行して運営している事業で新規プロジェクトの案件が立ち上がり、その事業の採算性の検討や諸々の折衝ごとに追われて、なかなかプールに足を運ぶ時間が取れませんでした。最後に泳いだのは昨年12月25日でしたから、およそ一か月空いてしまったことになります。久しぶりなので、フリーコースで控えめに泳いで上がるで構わないと思ってプールに行きましたが、トレーニング系のレッスンが始まると居ても立ってもいられなくなり、参加することにしました。年末年始に酒漬けになってなまり切った体では、コーチの課すハードなメニューに付いて行くのがやっとでしたが、どうにか泳ぎ切りました。体の疲れはそれなりに感じていますが、達成感のようなものも体に満ちているような気がして、やはり運動することは良いことだと思いました。

ハードなメニューに付いて行くのが精一杯という状態なので、泳いでいる間は頭の中は泳ぐことで一杯でした。昨日までは頭の中は新規事業のことで一杯でした。採算性や失敗したらどうしようという不安が主なものでしたが、泳いでいる間はそうしたことが頭の片隅にもなく、ただ泳ぐということに集中できました。日常のことを忘れ、頭を空っぽにできた瞬間だと思います。こうした瞬間があるからこそ、人間はストレスを発散していけるのではないかと思いました。

私の場合はこうして多少無理した運動をすることが頭を空っぽにする手段になっていますが、皆さんはいかがでしょうか?運動でも趣味でも構いませんが、日常を忘れリフレッシュする手段は一つは持っておかれることをお勧めします。婚活に集中し過ぎて行き詰ったと感じたときは、こうした手段を使って、少し婚活のことを忘れて、頭を空っぽにするのは良いことだと思います。

身体を動かしたのでお酒が美味しいはずですが、深酒しないよう気を付けたいと思います。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

AI時代の婚活

ソニーが犬型ロボットaiboの新型を久しぶりに発売し話題になっています。新しい犬を最近迎えたばかりで余計に気になっています。海外ではアメリカ最大の自動車メーカーであるGMが、「レベル4」と呼ばれる最上級の自動運転車を来年にも市場投入するとの話。これらはいずれもAI(人工知能)技術の進歩によって実現した(する)新製品です。AIが将棋や囲碁の名人を打ち負かす時代にもなりました。AIの普及によって人間の仕事が奪われると懸念をする向きもありますが、技術の進歩で人間生活が少しでも便利になり、癒しが得られるようになるのであれば、あまり目くじらを立てなくても良いのではとも感じています。

AIの進歩と普及によって、婚活も姿を変える可能性があるかもしれません。例えば「日本結婚相談所連盟」のシステムでお相手検索をする際に、AIが予め自分の好みの人を選んでくれれば、検索の手間は大幅に省かれるでしょう。お見合いのお申込みを多数受けた場合のチェックも、AIにふるいを掛けてもらうことで時間短縮につながると思います。お仕事が忙しいなどの理由でシステムをじっくり確認する時間が取れない方には良い話なのかもしれません。

一方、婚活は人と人とのつながりで進めるものだとも思います。AIが人間の感情に当たるものをどこまで再現できるかは正直よくわかりません。プロフィール等の情報だけで判断するのがAIである以上、生身のお相手と実際に会わないとわからない雰囲気やオーラのようなものの再現は難しいのではないかと思います。

技術の進歩は大歓迎ですが、お相手候補の方にはお見合い等で実際にお会いすることをお勧めしたいと思います。AIがどんなに賢くなっても、最後の気持ちを決めるのは自分です。自分のフィーリングを大切にしましょう。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

祝 浅野ゆう子さんご結婚!!

夕方、女優の浅野ゆう子さんのご結婚というニュースが飛び込んできました。浅野さんと言うと、特に私たちを含む40代から上の世代では、浅野温子さんと「ダブル浅野」と言われた、「トレンディドラマの女王」でした。御年57歳ですが、若い頃からの美しさは相変わらずで、結婚されないのは謎とされた方でした。

お相手となったのは同世代の一般男性とのこと。ドラマのようなドラマティックな結婚だったのかはわかりませんが、かつてのファンの一人として、幸せな結婚生活に入られたことは嬉しいことです。

特に熟年婚を希望されている方にとっては明るい話題になったのではないでしょうか? 今後メディア等でも浅野さんの結婚の経緯が取り上げられることもあるでしょうが、その際には参考になることが色々と聞けるかもしれません。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

お互いを慮ること

昨晩、参加している異業種交流会の今年最初の定例会から戻ったときに、家内から日経新聞の夕刊の記事を読むように言われました。一面のコラム「あすへの話題」にコメンテーターの安藤和津さんが書かれた「卒業宣言」という記事です。安藤さんと言えば、元総理大臣犬養毅のお孫さんで、ご主人は俳優の奥田瑛二さん、二人のお嬢さんは映画監督や女優としてご活躍です。

「卒業宣言」されたのは5年前のお正月だそうで、何から「卒業」するかと言うと、「妻業」からだとのことでした。「妻業」で家事を背負い込んでいた状態からの脱却を宣言した形です。その後「卒業宣言」はなし崩し的に消滅してしまったそうですが、ご主人が家庭内で協力的になってくれて、人生の戦友としての絆は強まったそうです。

家内から読むように言われた背景には、おそらく家内なりに「妻業」を背負わされていることへの不満があったからではないかと感じました。一朝一夕に私が家事を背負うことは難しいですが、自分でも心して家内の負担を減らすべく考えないといけないと思い知らされました。

安藤さんはコラムの中で次のようにも記しています。「夫婦はお互いを補い、支え合うものだ。共に暮らして行く中で、片意地を張ったり、義理で物事をこなしていたら、不平不満がチリのように積もって行く。」このような状況にならないように、お互いに相手の気持ちを慮ってあげないといけないんだと思います。

婚活をするに当たり、参考になるお話かと思い取り上げさせていただきました。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

流れに乗る

改めまして、あけましておめでとうございます。

今年も皆様の婚活のお役に立てるよう、スタッフ一同精進して参ります。どうぞご愛顧いただきますようお願いいたします。

さて、新春の東京株式市場では、大発会の1月4日に日経平均で700円を超える大幅な上昇を見せ、翌5日も続伸しています。諸外国の株式市場も概ね堅調な推移を示しています。新春の経済三団体の賀詞交歓会では、来賓で出席した安倍首相が3%の賃上げを経営者の方々に促す発言をし話題になりました。テレビのニュースによれば大手企業の経営者のほとんどが賃上げに前向きとされ、株式市場の堅調さからも、今年の景気は明るい雰囲気でスタートしたと言えるのではないでしょうか。

北朝鮮の核開発、「アメリカファースト」を標榜して国際協調とは距離を置き始めているように見える米国トランプ政権の行方など不安材料がないとは言えず、高揚感だけでいてはいけないのでしょうが、流れがあるときにはある程度乗っていく必要もあるでしょう。経済の強い流れに沿って、今年の婚活には積極的に臨んで行きましょう

本日もお読みいただいてありがとうございました。

新春のご挨拶

newyear2017.png

あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

東京では穏やかな年明けとなりましたが、北陸や東北では歴史的な豪雪との話も聞きます。豪雪に見舞われている方々に心からお見舞い申し上げると共に、今年が皆様にとって実りの多い一年であることをお祈りいたします。

さて、我が家の元旦の恒例行事は湯島天神への初詣です。子供たちが学生であること、結婚相談所と並行して経営している学習塾で多くのお子さんをお預かりしていることから、毎年学業成就をお祈りしています。今年もしっかりお願いしてきました。

節目のお正月に初詣をして心機一転、新しい年に臨むというのはとても良い日本の習慣だと思います。交際中の方はお正月のデートに、これからお相手を探す方はその誓いを新たにするために、神様、仏様をおたずねしてはいかがでしょうか?

本日もお読みいただいてありがとうございました。