人手不足で倒産が増加?

今朝のNHKニュースで、人手不足が理由で倒産する会社が増えていると報じられていました。就業者数は女性やシニア層の社会進出が進み、絶対数では人口減少に逆らって増えていることは以前にこのブログでも紹介しましたが、

http://www.lierre-mca.jp/blogs/2017/12/31/

こうした中でも人手不足で事業が継続できない会社が現れ始めているのは少々衝撃的でした。

放送後にネットで「人手不足倒産」で検索を掛け、昨年くらいから多くの記事が出ているのを知りました。運輸や飲食、小売りといった業態に多い傾向があるようです。NHKで紹介された元の運送業者のケースでは、売上が順調に増えてトラックを新調したまでは良かったのですが、辞めたドライバーの後任が採用できず、廃業せざるを得なかったとのこと。宅配業の大手が、配送料上げの要請に応じなかった大手通販業者との契約を解除したニュースも聞きましたが、人手不足の解消のためには賃上げで報いるしかない状況で、人力に頼らざるを得ない事業ほど、状況は厳しいということのようです。

人手不足は、日本の人口が長期的に減少傾向にあることと切っても切れない関係にあると思います。婚姻数を増やすことが人口減に歯止めを掛ける方策のひとつと考えられる以上、婚活を促進していくことは大事だと、今更ながらに感じました。

本日もお読みいただいてありがとうございました。

PageTop